くぅのおうち居酒屋
~簡単おつまみから本格和食までご紹介~
アク抜き・下処理

ハマグリの下処理と砂抜きは必要?時短方法は?

はまぐり 砂抜き

ハマグリってあさりみたいに砂抜きしないといけないの・・・?と疑問に思う方もおられるのではないでしょうか。

結論から言うと砂抜きはした方がいいです。

あさりよりも砂が入っている可能性は低いですが、まれにジャリっとくることがありますので。

くぅ
くぅ
潮干狩りで採れたハマグリは特に砂がよく入っているので念入りにしましょう。

砂抜きのやり方はあさりと一緒ですが、それぞれの工程事に解説しますね。

はまぐりの砂抜きと下処理方法

ハマグリ 砂抜き

ボウルにザルを重ねて置き、ハマグリを入れ砂抜き用の塩水(塩分濃度3~4%)を入れて蓋をして4時間ほど置いておきます。(冷蔵庫に入れて一晩おくのもオススメです。)
ボウルとザルを組み合わせる理由は隙間をあけて一度吐き出した砂が下に溜まるようにして、もう一度吸い込まないようにするのが目的です。

塩水の量ははまぐりがかぶる程度の量ではまぐり同士が重ならないようにすること。蓋をして中を暗くすることが砂を吐きださせやすくするコツとなります。

くぅ
くぅ
ハマグリが生息している環境と同じようにすることがポイントです♪
はまぐり 下処理

砂が抜けたら流水で洗いながら両手でハマグリ同士を擦りつけるように洗います。

くぅ
くぅ
擦り合わせることで表面のヌメリや汚れをとります。

これでハマグリの下処理と砂抜きが完了となります。
あとはシンプルに焼き、酒蒸し、お吸い物などに使ってくださいね♪



ハマグリの砂抜き時短方法

ハマグリの砂抜きに4時間以上、一晩も待てないよ~という方に時短ワザがありますので紹介しますね。

その方法とは・・・ボウルにザルを重ねてその中に40度~45度のお湯で約20分ほどはまぐりをつけておくだけ。

あとは流水をかけながらハマグリ同士を擦りあわせて洗っておわりです。

もちろん、塩も用意する必要はありません。

これで時短ワザの砂抜き工程は終わりです。

ハマグリ 砂抜き時短
くぅ
くぅ
ハマグリが弱るのが嫌なので僕は極力この方法は使わないのですが、どうしても時間がない時はこの時短ワザを使います。

50度洗いという時短ワザもありますが、ちょっとした温度加減が難しく失敗する(ハマグリが死ぬ)可能性もあるので、慣れていない方はこの温度帯で砂抜きをするのがオススメです。

いかがでしたか?
時間の余裕がある時は塩水でじっくりと、余裕のない時はお湯を使った時短ワザという風に使い分けれるといいですね。

ちなみに今回のハマグリは酒蒸しで美味しく頂きました。
こちらに酒蒸しのレシピも貼っておくので良かったら見ていってくださいね♪

はまぐり 酒蒸し
簡単美味しい、ハマグリの酒蒸しの作り方♪やっぱり、はまぐりはシンプルに酒蒸しが一番! はまぐりの素材自体が美味しいので、調味料は酒と味を調える程度の少量の塩と胡椒のみで最...