くぅのおうち居酒屋
~簡単おつまみから本格和食までご紹介~
煮物系

サザエの煮物(つぼ煮)の作り方♪

サザエ つぼ煮

この記事ではサザエの煮物(つぼ煮)の作り方を、より美味しくするポイントも交えながら解説していきます。

食べる時にサザエの身を取り出すコツも写真付きで解説するので、最後まで読んでいって下さいね♪

必ず鮮度の良いもの(触るとフタをギュッと閉じる)を使用しましょう。

サザエの煮物(つぼ煮)の作り方

☆材料☆【2人前の目安】

・さざえ(1個あたり約70g)・・・6個

☆煮汁A☆

・出汁(昆布と鰹ぶし)・・・400cc
・酒・・・50cc
・濃口醤油・・・50cc
・みりん・・・50cc

サザエ 洗い方

水が濁らなくなる程度まで水を入れ替えながらサザエを洗います。

煮る時に使う出汁ですが、昆布とかつお節で取ったものを使用するのがオススメです。
顆粒タイプの出汁の素などで代用しても大丈夫ですよ。

くぅ
くぅ
出汁を一からとる場合はあらかじめ冷ましておいて下さいね♪

サザエを横向きに鍋に並べていき、煮汁Aを加えます。(しっかりとかぶる量の出汁をいれてくださいね)
きっちり隙間なくサザエが入る鍋にすると調味料も少なく済みますよ。

くぅ
くぅ
下向きでもいいのですが、熱がダイレクトに一番伝わるので僕はいつも横向きにしています♪

生きたサザエを煮る時は必ず常温から茹でていきます。熱い出汁に入れるとビックリしてフタをギュッと閉じてしまい、食べる時に蓋が取れずらくなったり、身が固くなり過ぎたりする為です。

中火~強火で一度沸騰するまで煮て、沸騰したら弱火にしてアクをさっと取りましょう。

さざえ つぼ煮

落し蓋をして弱火~中火でコトコト約5分ほど煮たら、火をとめて完成!

・・・と言いたいところですが、ここでより美味しくするポイント。

出来立てを食べたい気持ちをグッと抑えて、あら熱が取れたら冷蔵庫で半日~1日ほど冷やして味を馴染ませます。

くぅ
くぅ
半日~1日置くことで尖った味の出汁がまろやかな口当たりになります♪

サザエの煮物(つぼ煮)の盛り付け一例

ちょっと深めのお皿にサザエを盛り付け、出汁をかければ完成です。

温めて食べてももちろん美味しいですが、冷やしたまま食べるのがオススメですよ。

サザエの取り出し方(コツ)

サザエを取り出すときに、美味しい肝の部分がちぎれて悔しい思いをされた方はきっと僕だけではないはずです。

くぅ
くぅ
美味しい渦巻部分の肝だけちぎれて殻をふっても出てこない・・・泣

実は最近、肝が千切れにくいコツに気付いたので解説します!

サザエ 取り方

まずサザエの急所部分に楊枝を入れ身にしっかりと差し込みます。

ここで身を少しだけ引っ張り出して下さい。

サザエ 取り方

ここから肝を取り出すのですが、身は動かさずに殻を回転させながら取ると肝が千切れずらいです。

サザエ つぼ煮

成功すればこんな感じで綺麗にとれますよ~!

ほんのり磯の香りと苦みがサザエの美味しさ。日本酒と合わせると贅沢な気分が味わえちゃいます。

最後まで読んで頂きありがとうございました♪

サザエ 捌き方 お刺身
サザエの捌き方とお刺身の作り方♪【肝の食べ方や下処理の解説付き】居酒屋とか料理屋さんで出てくるサザエのお造り、美味しいですよね! 磯の香りとコリコリとした歯応え、ほろ苦い肝が好きな方もきっと多い...
サザエつぼ焼き
網焼きで美味しい!サザエのつぼ焼きの作り方♪今回はシンプルかつ王道のサザエ料理、つぼ焼きの作り方を自宅で網焼き、バーベキューでの焼き方で悩んでいる方向けに紹介していこうと思います!...

サザエのお刺身やつぼ焼きの作り方はこちらで紹介しているので、良かったら見ていってください♪