くぅのおうち居酒屋
~簡単おつまみから本格和食までご紹介~
焼き・炒め物系

大羽いわしの塩焼きレシピ♪【ほろ苦い内臓が美味しい!】

イワシ 塩焼き

今回はいわしの中でも方の大きい、大羽いわし(マイワシ)の塩焼きの作り方を解説していきます。

新鮮で脂ノリの良い大羽いわしはシンプルに塩焼きにするのが最高です!
もちろん、内臓も美味しいのでハラワタは付けたまま焼いて食べて下さいね。
薬味はおろしポン酢やレモン等の柑橘類がオススメ。

それでは下処理から画像付きで解説していきます!

大羽いわし うろこ

1)大羽いわしの表面を包丁の背で尻尾から頭にかけてなでるようにウロコを取り除いて、軽く流水で洗い流します。

2)両面に粗塩を振り、5~10分程放置して塩を馴染ませる。(塩加減が分からない方は魚体に対して約1%を目安に振ってください。)

見た目を綺麗に焼きたい方は、尻尾に化粧塩(指で塩をすりこむ)をして、アルミホイルで包むようにすれば尻尾の焦げを防ぐことができます。

3)両面を中火~強火で焼いていきます。最初に焼いた面が綺麗に焼けるので、盛り付けた時に表側になる方を先に焼いて下さい。

くぅ
くぅ
基本的に焼き魚を盛り付ける時は頭が左、尻尾が右で腹側が手前にくるように盛り付けます。

4)あとはお皿にお好みの薬味を添えていわしを盛り付ければ完成です!

大羽いわし 塩焼き

脂ノリが良くほろ苦いハラワタはたっぷりのおろしポン酢と合わせると最高に美味しいですよ。
ご飯のおかずにももちろん合いますが、キリっとした辛口の日本酒と合わせてもいいですね♪